snake

snake

サーバーがカーネルパニック起こしたと思ったらハードウェアごと吹き飛んだ件

タイトルのとおりです。 ※この投稿はIQ3で書きました。深いことは考えないでください。 Twitterを見てくださってる方は分かるかも知れませんが、サーバーが壊れました。なぜ壊れたのかは分かりません。後で余裕があったら調べてみようと思います。 取り敢えず何があったかを書くと、 カーネルパニック操作不可能!!!再起動!!!起動しない!!!BIOSつかない!!!最小構成にしたり、色々しても何も変わらない!!!多分、ハードウェアぶっ壊れた!!!ついでに疲弊で精神もぶっ壊れた!!!(1度目の精神崩壊)BIOSつかないし、マザーボード変えればなんとかなるかも!!!(安直)マザーボード、ヤフオクで安く買った!!!動かない!!!(2度目の精神崩壊)電源変えたり、色々やってみるもQCODEが00から変わらない!!!(QCODE00はCPUが認識できてない)もしかしたらCPUが逝ったかもしれない!!!(3度目の精神崩壊)CPU買う!!!天下のヤフオクから安く買った!!!(脳死)

BlueStack 5がHyper-V環境下で動作するようになってた件

Androidエミュレータとしてよく知られているものに、NoxPlayerやBlueStacks、LDPlayerなどがありますが、その全てがHyper-V環境下では動作しないものとされており、その状況を見てかBlueStacksがBlueStacks for Hyper-Vなるものをリリースしていました。ただバージョンが少し古くアップデートが来ない状態で放置されていた為、あまり積極的に使おうとは思えなかったのですが、最近のアップデートでひっそりとBlueStacks 5がHyper-V環境下で動作するようになっていました。 BlueStacks for Hyper-VとはHyper-Vが有効になっているWindows 10上でBlueStacks 4を動作させられるようにしたベータバージョンのBlueStacksです。執筆時点でバージョンは4.260で止まっており、4.260のリリースノートが公開されたのが2021年01月18日である事を踏まえると相当古いバージョンです。日本語ヘルプページの最終更新日が2021年1月14日である点からも、更新が無いソフトウェアであることが分かります。 BlueStacks 5のHyper-V対応Hyper-V環境下で動作することを望んできたユーザーは数知れないので、もっと大きな広告を打ってくれても良いと思うんですが、サラッといつもの不具合修正のアップデートと同じようなノリで公式Twitterアカウントでツイートされていました。 【重要】BlueStacks 5を[5.3.100.1064]

Ghostのdocker-compose.yml例

CMSのGhostをDockerで利用する場合のdocker-compose.yml例 Ghost: Turn your audience into a businessThe world’s most popular modern publishing platform for creating a new media platform. Used by Apple, SkyNews, Buffer, OpenAI, and thousands more.Ghost -