BlueStack 5がHyper-V環境下で動作するようになってた件

Androidエミュレータとしてよく知られているものに、NoxPlayerやBlueStacks、LDPlayerなどがありますが、その全てがHyper-V環境下では動作しないものとされており、その状況を見てかBlueStacksがBlueStacks for Hyper-Vなるものをリリースしていました。ただバージョンが少し古くアップデートが来ない状態で放置されていた為、あまり積極的に使おうとは思えなかったのですが、最近のアップデートでひっそりとBlueStacks 5がHyper-V環境下で動作するようになっていました。

BlueStacks for Hyper-Vとは

Hyper-Vが有効になっているWindows 10上でBlueStacks 4を動作させられるようにしたベータバージョンのBlueStacksです。執筆時点でバージョンは4.260で止まっており、4.260のリリースノートが公開されたのが2021年01月18日である事を踏まえると相当古いバージョンです。日本語ヘルプページの最終更新日が2021年1月14日である点からも、更新が無いソフトウェアであることが分かります。

BlueStacks 5のHyper-V対応

Hyper-V環境下で動作することを望んできたユーザーは数知れないので、もっと大きな広告を打ってくれても良いと思うんですが、サラッといつもの不具合修正のアップデートと同じようなノリで公式Twitterアカウントでツイートされていました。

BlueStacks 5.3.100.1064以降のバージョンは、Hyper-Vが有効になったWindows 10もしくはWindows 11で動作するようになっています。実際に動作を確認しましたが、問題なく動作していました。

BlueStacks 5をHyper-V環境下で動作させる

既にBlueStacksをインストール済みの方は、Hyper-Vを有効化した上で一度アンインストールする必要があります。そのままでは起動することができません。

アンインストール後、通常通りインストーラーからインストールを行うことで、自動的にHyper-V環境下でも動作するBlueStacksがインストールされます。