ドメインレジストラをムームードメインからGoogle Domainsに変更しました

本ウェブサイトのドメインや私の所有するドメインの多くは、GMOペポパ株式会社が運営するムームードメインで契約していましたが、最初に契約した5年ほど前とはサーバ事情が異なっていたり、新たな技術もDNS周りで出ていたりするので、色々イジってみたいという好奇心のもと比較的新しく信頼度の高いレジストラのGoogle Domeinsに移管しました。

正直これによってサイトを見ている方に影響は全く無いのですが、一応報告だけしておきます。

ドメイン周りやサーバ周りについて

ドメイン契約

これまではムームードメイン

これからはGoogle Domains

移管先候補にCloudFlare Registrarもありましたが、メールサーバを一箇所にまとめたくてGoogle Domainsになった。

ネームサーバ

CloudFlare

ここは変わらず

リバースプロキシ

Oracle Cloud上にHAProxyのリバースプロキシが設置されています。

自宅サーバにもDMZ上に通信振り分け用のリバースプロキシが設置されています。

OCI上においてあるHAProxyは、CloudFlareでは保護できないプロトコルやTCPポートへの攻撃を体力で受ける用です。

ウェブサーバ

昔はさくらレンタルサーバのスタンダードと自宅サーバのハイブリッド

2年ほど前から自宅サーバのみへ移行

今年から自宅サーバとクラウド(GCP、OCI)の併用

メールサーバ

昔はさくらレンタルサーバー

多分3年ぐらい前からZoho mail

去年はさくらメールボックス

今年からGoogle Domainsのメール転

自宅サーバでメールサーバを作ればいいじゃないという意見があるのは承知していますが、普通にメールを使っているので何らかの理由で不通になったり、SMTPに死なれると非常に困る。

今後について

Raspberry Pi(ラズパイ)を購入したので、ラズパイにウェブサーバを移行したり、リバースプロキシを移行したりしたいと考えています。これについては別途記事を書こうかなと思います。