KanboardのDocker-compose.yml

OSS「Kanboard」をDockerで利用する場合のdocker-compose.yml例

Kanban Project Management Software - Kanboard

データベースに、外部のデータベースを利用することを想定

version: '2'
services:
  kanboard:
    image: kanboard/kanboard:latest
    ports:
      - "80:80"
      - "443:443"
    environment:
      DATABASE_URL: [DB_DRIVER]://[DB_USER]:[DB_PASSWORD]@[DB_ADDRESS]:[DB_PORT]/[DB_DATABASE]
    volumes:
      - kanboard_data:/var/www/app/data
      - kanboard_plugins:/var/www/app/plugins
      - kanboard_ssl:/etc/nginx/ssl
volumes:
  kanboard_data:
  kanboard_plugins:
  kanboard_ssl:

DATABASE_URL

DB_DRIVER: 利用するデータベース、デフォルトではSQLiteを利用。次から選択: postgres, mysql, sqlite

DB_USER: データベースのユーザー名

DB_PASSWORD: データベースのパスワード

DB_ADDRESS: データベースのアドレス

DB_PORT: データベースのポート

DB_DATABASE: データベースのデータベース名


environmentを記述しない場合、sqliteを使用します。ボリューム「kanboard_data」にデータを保存。