思考放棄して全てを無に帰すのが良いのかもしれない

前回

Gravittoの行く末
1週間前に投稿した「組織を組織として維持する意味を失った[https://viasnake.com/lost-meaning-of-keeping-an-organization-as-an-organization/]」の続きです。 組織を組織として維持する意味を失った私は過去9年間ほどsnakeという名前で活動をし続けています。ネットで一切名前を変えずに活動し続ける人はかなり珍しい方なのではと勝手に思ってるんですが、どうなんでしょうね...いやまあ名前がずっと同じのが珍しいかどうかはどうでもよくて、9年間もインターネットの片隅で生き続けていれば、何人かで集まって大きなことをやろうと…

前回の投稿から2週間ぐらい経過したと思います。ちゃんと物事は前に進んでいます。ただ、先週何も書かなかったのは、忙しかったのと書くほど進展らしい進展もなかったからです。というか書いてる時間を作業に回したほうが良い。

さて、記事が公開されるということは進展があったか、詰まったかのどちらかですが、間違いなく後者ですね。進展があるなら、こんな訳のわからないタイトルで投稿書いてません。

何に詰まったかといえば、結局Gravitto自体はどうすんのってところです。Gravitto名義になっているものを私個人のアカウントに移し替える作業は多くが完了しました。しかし、それが終わったからといってGravitto自体を消し去ってしまっていいのか。という疑問は私の中に残り続けています。

最近は思考放棄し始めて、もう全てを無に帰せば良いんじゃないのかなんて考え始めています。前回と言ってることが全然違いますね。このまま突き進んで良いものか最後の決定を下すか本当に悩んでいる。

だから、ここに整理がされてない思考ダダ漏れの文章を書かせてください。誰のためでもなく、ただ自分の為にここに書いていきます。読みたい人は読めばいいし、読みたくなければ読まないほうが良い。

そもそもGravittoを無くそう思い至る一連の思考の始まりは1年半ほど前です。この時期は無くそうという考えをもってはいたものの、具体的には何も考えてなかった。はっきり言って思いつきレベルの思考です。

去年新型コロナウイルスが流行し、私が暇になって色々やるようになったこの時、Gravitto経由の仕事がストレスでしかなくなりました。ここが思いつきレベルの思考が、具体的思考に切り替わった転換点だと思う。

後、単にこれ以外にも単純にストレスが積み重なっていたというのもきっかけとしてあると思う。私視点の話でしか無いですが、自分の時間と金を割いて、できる限りのものを提供する努力はそれなりに積み重ねてきたつもりですが、それに対するリターンとして返ってくるものがストレスでした。もちろん改善のために試行錯誤はしていましたが、無理でした。試行錯誤のやり方も問題はあったと思います。

この辺りですでに、他人から良いように使い潰されているように思い始めていたので、限界は迎えつつあったんでしょうね。我慢して、単純にそのまま続けてたら一生涯ネットから姿を消していた気がします。少なくともsnakeとしては二度と姿見せなくなっていた可能性が高い。

勘違いされそうですが、使われるのが嫌なのではなく、使われているという感覚に落ちいってストレスを抱えるのが嫌なのです。別に私の事を利用して何かすること自体は構いませんよ。ただ自己満足感が得られなくなるのだけは、避けないとストレスで死ぬ。

言えばいいじゃんと思うかもしれませんが、インターネット上の関係性でそれをやるのはかなりきつい。それだったらブロックしてさようならが一番いい。私はそれやらないですけど。

取り敢えず、手のひらくるくる回して、使ってくる人がストレスだし。こっちの努力も何もかも考慮せず、要求と言葉と態度だけぶつけてくるような人と何かをするのがストレスになったということは、きっかけの一つとして大きかったです。

こういった経緯があり、Gravitto経由の仕事?に嫌気が指した。楽しさなんてどっかに消えました。もちろん楽しくやる為に色々と試行錯誤しましたが、色々やってから重大な事に気づきました。もうモチベーションが本当に無い。2年ぐらい前から消えつつあることは自覚してました。ただ、間違いなくコロナ前後でトドメをさされて、消えました。Gravittoでやりたいこともやることもない。正確にはあるんですけど、もはやGravittoでやる意味を見いだせなくなりました。

これら一連の問題に私自身の問題点も多数存在していることは重々承知していますが、やはり周りの環境に殺された感は否めないです。詳細は一切書いていないので、もはや私とこの状況を知っている一部の人間以外理解なんてできないでしょうけども。

どんな人間もある環境に身を投じたら、その環境からはなかなか抜け出せないです。生物はだいたいみんなそうだと思います。この時、抜け出すためのやり方は色々ありますが、環境をぶっ壊すのが早い。特に生死関わらず、誰かに迷惑がかかるわけでも無ければ、真っ先に環境をぶっ壊すべきです。そして、この一連の話の環境は、Gravittoです。Gravittoを変えるか、なくせば必然的に周りも変わります。

ここまでがGravittoをなくそうという私の思考の中身と経緯。

ここまで書いておきならが、なぜ悩むのかという話が残りますが、単にこれまでの話に確信を得られないのが大きいです。

たいていの人間は、自分自身の事は理解していても、自分自身を正確に分析するなんてできないと思っています。例にもれず私もこの中にいると考えています。つまり一時の感情に身を任せて適当なことやるとろくなことにならないというやつです。決して一時の感情ではありませんが、それでも自分を客観的に見た時、ある種の正解を引いているという自信をどうしても持てないんですよね。リスクなんて切り捨てるべきである。という話もあるかと思いますが、潜在的リスクであって、目下のリスクとは言えないのがGravittoの難しいところ。

こんなリスクの話も、ぶっちゃけ自分視点の話でしか無くて、自信持てないから困る。

ここまで書いたは良いけど、何もまとまらない。いくらか文章にしたことで思考のまとまりは起きたけど、この正解なんて何もないような話に区切りをつけるのは、かなり時間がかかりそうですね。

回数を追うごとに愚痴になりつつありますが、ちゃんと思考をまとめていきたいですね。