Minecraft:Java Edition サーバーソフトウェアまとめ

noteで公開された記事です。

Minecraft:Java Edition サーバーソフトウェアまとめ|snake|note
10割メモであり、あまり事細かに説明する目的で書いていません。 サーバーソフトウェアは1.6.x頃からのものしか記述していません。また記述されていないものもあります。 Vanilla Mojangが提供する公式のサーバーソフトウェア ダウンロード CraftBukkit 2014年まで最も主流だったサーバーソフトウェア 現在はSpigotMCチームによって維持されているが、新しい機能の追加などは行われていない。バニラの重大なバグや脆弱性の修正を中心に行っている。 公式ウェブサイト ソースコード Browse Spigot / CraftBukkit -

10割メモであり、あまり事細かに説明する目的で書いていません。

サーバーソフトウェアは1.6.x頃からのものしか記述していません。また記述されていないものもあります。

Vanilla

Mojangが提供する公式のサーバーソフトウェア

ダウンロード

CraftBukkit

2014年まで最も主流だったサーバーソフトウェア

現在はSpigotMCチームによって維持されているが、新しい機能の追加などは行われていない。バニラの重大なバグや脆弱性の修正を中心に行っている。

公式ウェブサイト

ソースコード
Browse Spigot / CraftBukkit - SpigotMC Stashhub.spigotmc.org

Spigot

現時点で最も大きいコミュニティであり、一番使われているサーバーソフトウェア

CraftBukkitに基づいて修正、追加の設定などを提供している。CraftBukkitのパフォーマンスを改善し、カスタマイズ性を追加したサーバーソフトウェア
バニラの動作を完全に再現し、安定してマルチプレイでできるようにする事及び完全に全ての設定をできるようにすることを目的としている。

公式ウェブサイト

ソースコード

Paper

Spigotに更に追加パッチを適用したサーバーソフトウェア

バニラやSpigotのサーバーパフォーマンスを改善することを目的としている。

過去にPaperSpigot、PaperClipという名称でしたが、名称が変わり現在はPaperです。間違えないであげて下さい。

公式ウェブサイト

ソースコード

TacoSpigot

PaperSpigotのforkで更なるパッチを適用したサーバーソフトウェア

PaperSpigotでパフォーマンスが改善されているが、それよりも更なるパフォーマンスを追い求めている。

公式ページ

ソースコード

Akarin

かつてTorchとして知られていたサーバーソフトウェア

Paperのforkであり、可能な限り多くのゲームメカニズムを設定可能にする/サーバーの安全性と安定性を高める/マルチスレッドに対応させることを目標としている。

公式ウェブサイト

ソースコード

Torch

現在はAkarinになった。TorchSpigotなんて呼ばれ方もしていた気がする。

基本的な目標などはAkarinと同じだったと記憶している。

ソースコード

HOSE

Spigotをベースに作られたマルチスレッド対応サーバーソフトウェア

ソースコード

Sponge Vanilla

権利関係の問題が発生しないように完全にオープンな開発をすることを目的としているサーバーソフトウェア

過去にDMCAでBukkitが使えなくなるとか色々問題発生したときに作られたプロジェクトで

公式ウェブサイト

ソースコード

Sponge Forge

Minecraft ForgeにクロスバージョンAPIが存在しないことを解消するために作られたサーバーソフトウェア

SpongeAPIで作られたサーバープラグインとMinecraft ForgeのMODをサーバーで共存させることができる。

公式ウェブサイト

ソースコード

Cleanstone

Minecraftで作成されたコードを利用することなく一から完全に適切に作ることを目標としたサーバーソフトウェア

1つのワールドに対して複数のサーバーを利用することで負荷をそれらに分散することができる。また、組み込みでマルチバージョンをサポートしている。

ソースコード

Glowstone

Mojangコードに依存せず、完全にオープンソースで独自に開発されたサーバーソフトウェア

CraftBukkitやその他のサーバーよりもパフォーマンスが良い(らしい)

Bukkit/Spigot/Paper APIとの互換性が保証されているため、Bukkit/Spigot/Paperプラグインが使用でき、SpongeプラグインもBukkit2Spongeを使用しロードさせることが可能。

公式ウェブサイト

ソースコード

Cuberite

C++で記述された高速なサーバーソフトウェア

MCServerという名前で2010年に開発が開始され、その後オープンソースになり名称が変更されている。

Minecraftの機能の全てを再現することを目的として開発されており、Luaを利用してプラグインを作ることが可能

公式ウェブサイト

ソースコード

Kettle

Contigo、Thermos、Cauldron、MCPC+から派生したサーバーソフトウェア

ForgeとPaperのビルドに基づいて依存しているため、CraftBukkit/Spigotベースのプラグイン及びForgeベースのmodを共存させることができる。

ソースコード

Atom

Minecraft 1.12.2バージョンのMinecraftForge及びCraftBukkitに基づいて作られているサーバーソフトウェア

Bukkitプラグイン及びMinecraftForgeModの安定したサポート及び、可能な限りの高パフォーマンスを目標としている。

ソースコード

CatServer

オープンソース無料でForge/Bukkit/Spigotとの互換性を意識したサーバーソフトウェア

ソースコード

Lava

最適化と多くのmodとの互換性を目標とするサーバーソフトウェア

ソースコード

Magma

Cauldronの派生であり、MinecraftForge及びPaperをベースとしたサーバーソフトウェア

MinecraftForgeMod及びCraftbukkit/Spigot/Paperプラグインとの互換性を目標としている。

公式ウェブサイト

ソースコード

Uranium

KCauldronのforkであり、KCauldronの不具合の修正と新機能の追加を目的としたサーバーソフトウェア

本とペンの問題の修正、PING/MOTDパッチの適用、新しいAPIバージョンの適用、Title/Actionbarの対応などが含まれている。

公式ウェブサイト

ソースコード

Mohist

Thermos/Cauldron/MCPC+からの派生、Paper/Spigot/Bukkit APIの実装を行っているサーバーソフトウェア

全てのmod、Paper/Spigot/Bukkitプラグインとの互換性及び複数バージョンとの互換性を目標としている。

公式ウェブサイト

ソースコード

Thermos

Cauldron/MCPCの派生、MinecraftForgeにSpigot/Bukkit APIを実装することを目標としたサーバーソフトウェア

KCauldronからforkし、最適化/Spigotパッチの適用/グリッチの修正を行った。

公式ウェブサイト

ソースコード

MCPC/MCPC+/Cauldron

サイトなどが消失していて情報追うのが面倒くさかったので記憶の範疇で書きます。

MCPCが作られてから開発が止まり、派生のMCPC+が生まれ、そこから更に派生してCauldronができた。

記憶が正しければ、CauldronはBukkitAPIのサポートをしていた気がします。そのため、Modとプラグインの共存が可能です。