ブログ

ブログ

色々個人的なこと書いたりします。未分類的なタグでもあります。

BlueStack 5がHyper-V環境下で動作するようになってた件

Androidエミュレータとしてよく知られているものに、NoxPlayerやBlueStacks、LDPlayerなどがありますが、その全てがHyper-V環境下では動作しないものとされており、その状況を見てかBlueStacksがBlueStacks for Hyper-Vなるものをリリースしていました。ただバージョンが少し古くアップデートが来ない状態で放置されていた為、あまり積極的に使おうとは思えなかったのですが、最近のアップデートでひっそりとBlueStacks 5がHyper-V環境下で動作するようになっていました。 BlueStacks for Hyper-VとはHyper-Vが有効になっているWindows 10上でBlueStacks 4を動作させられるようにしたベータバージョンのBlueStacksです。執筆時点でバージョンは4.260で止まっており、4.260のリリースノートが公開されたのが2021年01月18日である事を踏まえると相当古いバージョンです。日本語ヘルプページの最終更新日が2021年1月14日である点からも、更新が無いソフトウェアであることが分かります。 BlueStacks 5のHyper-V対応Hyper-V環境下で動作することを望んできたユーザーは数知れないので、もっと大きな広告を打ってくれても良いと思うんですが、サラッといつもの不具合修正のアップデートと同じようなノリで公式Twitterアカウントでツイートされていました。 【重要】BlueStacks 5を[5.3.100.1064]

プレイレポ | 初心者1人と遊ぶFactorio #1

初心者1人と一緒にFactorioを遊んだので、そのプレイレポートです。内容が適当なので、適当に読むことをおすすめします。 リプレイ入れるの忘れていたので、内容が薄いです。 プレイヤーviasnake 筆者自身、Factorio一応やっている。やり込むまではいってないので、一通りの動きを理解している程度です。 ambroshia 引き連れていくフレンド初心者です。PCゲーム自体が初心者です。もともと実況者の動画を見ていたので、最低限どんなゲームなのか程度の知識はあります。ゲーミングPCを買ったので、やりたかったFactorioを買ったみたいです。 ゲーム開始私も久しぶりなので、とりあえず適当に良さげなマップを選択してゲームを開始。開始早々、左下にバイターの存在を確認しました。確認の際、私が近づきすぎた為に、死亡しました。この時点で最優先目標が左下の巣の殲滅となりました。 しかしながら、このゲームは鉄の生産体制が整わなければ何も進まないので、とりあえず最初に工業化をすすめることにしました。電化まで進めて鉄の生産体制さえできれば、バイターに抵抗するすべを人類は手に入れます。 とりあえず電化と鉄の精錬設備は整えました。

2021年05月~2021年09月の変更点

色々変更したり試行錯誤していたので、変更点を簡単にまとめます。 変更点にはかなり漏れがあります。 サイトデザイン多分3回ぐらい大幅に変わりました。下記のデザインで一応落ち着いていますが、変わる可能性はあります。 変更の理由ですが、単純に見づらかったり日本語だと表示が分かりづらいなんてことがあったりしたためです。また、ウェブサイト上から他の記事への遷移することが非常に稀であるために、記事の中身がわかりやすく、読みやすいようなデザインに変更されています。 また、右上でダークテーマとライトテーマの入れ替えが可能になっています。活用してください。FirefoxのアドオンであるDark Readerを有効にした状態でも正常な見た目であることを確認しています。 タグを整理しましたタグが分かりづらいというか、ぐちゃぐちゃしそうだったので、一旦整理しました。今後細分化するとかする可能性はありますが、今のところはシンプルなタグ分けにしようかと思います。 タグ: ブログゲーム忘備録prprタグについて企業や団体などからの依頼に基づいて執筆された投稿類につけられています。可能な限り中立であることを目指しているものの、執筆に当たり金銭を含む何らかのやり取りが発生している場合があるのも事実です。そこを明確にするために、タグを付けています。 GitHubから自動デプロイ高速化シンプルです。遅かったので早くなりました。 GitHubで新たなorganizationを作成個人のリポジトリとして管理し続けてもいいのですが、分かりづらかったので組織として分離しました。

AlwaysFreeのGCEでCPUバーストによって請求が来た

個人的に色々使う目的でGCPのGCEのインスタンスを一つ持っているのですが、f1-microでAlways Freeの範疇に収めているつもりが、今月に突然422円請求が来ました。 費用の内訳から、この422円の出どころを調べてみたら、どうやら「Micro Instance with burstable CPU running in Americas」が請求を発生させていました。この請求額は継続利用割引が適用された額であり、割引適用前は595円でした。 f1-micro程度のスペックで、この額の請求が毎月来たら非常にまずいという事で、「Micro Instance with burstable CPU running」が何者かについて軽く調べました。 GCEの共有コア マシンタイプには、バースト機能と呼ばれるものが存在しており、この機能を使用することでインスタンスが追加の物理CPUを短時間使用可能になります。この機能は追加料金なしで利用可能とはなっているのですが、f1-micro、

作りたいものが無くなったら、学ぶ意欲も無くなった

私は何かやりたいことだったり、作りたいものがあって学ぶことの多かったタイプの人間です。多分。 例を挙げるとするならば、プログラミングです。基本独学でネットで検索してやってきました。今もそのスタイルで特に変わっていません。しかし、このスタイル何か目的があって続けてられたのですが、最近目的がなくなりつつあります。そう思ったらやる気が本当に無くなりました。何かを作るために時間を投下し続けられなくなりました。 何か新しいプログラミング言語を使ってみたいというキモチはあります。何か新しいものを作りたいというキモチもあります。ただ具体的に何のプログラミング言語を使いたくて、何を作りたいのかが何も浮かばない。そうなると目的を持てなくて学ぶこともできなくなりました。 最近の話ですが、個人的な趣味の範囲のゲームを作ってました。ちょっと前に何人かで作るという話になったのでゲームを作ったのですが、明確に目的を持って楽しくできました。しかし、最近この記憶を頼りにゲームを作ろうとしました。ゲームエンジンについて知るのは楽しいですが、そこから生み出すものが無い(目的がない)ので行き詰まりました。改めてゲームをコンセプトを持って作れる人って凄いんだなと思いました。私はそもそもコンセプトを考える段階で躓きました。良いコンセプトが無いとかではなく、コンセプトを考えられないって相当問題ありますね。辛いです。 話を戻しますが、