NginxでWebSocketプロキシ

NginxでWebSocketをプロキシする必要がでたのでやり方を書いておきます。

公式に全部書いてあるので詳細は、公式ページを確認してください。

Using NGINX as a WebSocket Proxy
Learn how to use NGINX as a reverse proxy and load balancer for WebSocket applications

多くの場合、下記のようなリバースプロキシ設定になってると思います。

server {
    listen 80;
    server_name viasnake.com;

    location / {
        proxy_pass   http://localhost:3000;
    }
}

これだと80番にドメインviasnake.comで入ってきた通信をlocalhost:3000に流すっていう設定になります。SSLなら443になりますね。

これだとWebSocketはlocalhost:3000に流れないので、下記に変更します。

http {
    map $http_upgrade $connection_upgrade {
        default upgrade;
        '' close;
    }

    server {
        listen 80;
        server_name viasnake.com;
        
        location / {
            proxy_http_version 1.1;
            proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
            proxy_set_header Connection $connection_upgrade;
            proxy_set_header Host $host;
            proxy_pass http://localhost:3000;
        }
    }
}

これで80番にドメインviasnake.comで入ってきたWebSocketもlocalhost:3000に流れます。